読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まっしろけっけ

めもてきなやーつ

RubyでStyleStatsをつくった

開発 プログラミング ツール web ruby css gem

StyleStats is 何?

StyleStatsの説明は下記をご覧いただくのが一番早いかと思います。

html5experts.jp

簡単に言うと@t32kさんが作ったCSSを解析するツールです。
先週のYAPC::Asia Tokyo 2015の2日目でLTをなさっていたっぽいので
知っている方もいるかと思います。

経緯

今回StyleStatsをRubyで作ることになった経緯は下記です。

こんなことをつぶやいていたので、おっ!と思って反応してみた

そしたらお願いされたので30秒くらい考えて面白そうだと思ったので
頑張ってみる旨を伝えた。
8月中に公開できればいいかなという感じで考えていた。

t32kさんとは前職で一時期一緒のチームで働いていたり等の関わりがありました。

作る際に注意した点

  • CLIツールなので出来るだけ他のGemに依存しないようにしたい。
  • できる限り本家のStyleStatsと同じオプション等を指定して使えるようにしたい。

特に注意した点は上記の2つ

gem依存問題に関して

今回実装する際の大きなポイントが

  • CSSを解析する必要があるのでCSSをパースする
  • URLを渡された際にはHTMLをパースしてSTYLEタグとLINKタグからstylesheetを取得する

上記の2点がありそれを行うgemを使うか自前で実装するかする必要があった。
自前で実装するにしては結構な時間が必要になるなと思ったのでgemを使うことに決めた。

CSSのパースに関しては premailer/css_parser · GitHub こちらのgemくらいしか
要件を満たしてくれそうなやつがなかったので選択。

HTMLのパースに関してはNokogiriが有名ですがNokogiriはインストールする際に
libxmlのエラーが発生するというよく見かける問題があるので、
そこで諦められるのは嫌だったので他のgemを探したら YorickPeterse/oga · GitHub こちらのgemが良さそうだったので選択した。
(最初はNokogiriを使っていた)

作ってみての感想

出来たのがこちら
最初はgem名もstylestatsで作っていたが、本家とこのgemを入れた際に面倒くさいなと思って
Rubyっぽくstyle_statsにした。

optionのほとんどが未実装の状態だがt32kさんに確認してもらったら
どんどんリリースしちゃっていいよって感じだったのでリリースすることにした。

github.com

  • 作ってみて気づいたがStyleStatsは思っていた以上に高機能で良くできていた。
  • Rubyだったので文字の色は赤くしてみた。
  • まだoptionはformatしか指定出来ない。
  • optionは今後のversion upで対応していく。
  • CSSにそんなに詳しくなかったが、CSSのParserを自作出来るのでは?と思える程度には理解出来た。気がする
  • 作ったけど、クソコードな部分が多いので、v1.0.0までに全部書きかわる可能性があるかもしれない
  • 楽しかった!

最後に

このような機会を与えて頂き有り難く思います。
実は勉強会かtwitterでStyleStatsを知った時に下記のような感想を持っていました。
なのでとても楽しく開発できたし、少しても関われることができありがたいという思いです。